読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mz-log

文字と絵と諸々

書体制作 #01

初めまして、抹谷(マツタニ)と申します。ブログを開設しました。

フォント制作始めました

先日、京大マイコンクラブ(KMC)でフォント制作プロジェクトを立ち上げました。
メンバーはフォント制作に関して初心者ばかりですが、プロジェクトを通してフォント制作のイロハを学んでいこう、というプロジェクトです。
複数のメンバーで一つのフォントを作り上げるのではなく、各メンバーが思い思いのフォントを個人で制作しています。

作っているフォント

さて、私はどのようなフォントを作っているかというと、KMCそのものをイメージした欧文フォントを製作中です。

f:id:k-maztani:20160908235455p:plain

このロゴが制作の出発点です。cの斜め45度にカットされた先端処理や、Mの尖った部分の形などを意識した、ジオメトリックサンセリフになる予定です。KMC制定書体の座を狙っています。

というわけで、手探りながらもフォント制作を進めていく過程を、このブログで記録しようと思った次第です。*1
また別のフォント制作に取りかかったときに、備忘録として活用してやろうという魂胆というわけです。 フォントファイルが無事に生成できるかどうか、正直不安要素の方が大きいのですが、KMCの集合知を借りればなんとかなる気がしています……

今までフォント制作など経験が無いため、どのような手順で作業を進めていけば良いか全くの手探りですが、

  1. Illustratorで文字をデザイン
  2. プレーンSVGに出力
  3. Fontforge*2に取り込む
  4. TTFファイルに出力

という大まかなスケジュールに沿って制作を進めていこうと思っています。

実は、すでに小文字・数字・一部の記号についてはIllustratorであらかたデザインし終わっています。

f:id:k-maztani:20160908235509p:plain

f:id:k-maztani:20160908235503p:plain

大文字もほぼ完成していたのですが、小文字のデザインに合わせる形で作り直しています。 数字も荒削りって感じなのでこれから修正します。

書体の特徴

ジオメトリックサンセリフの中で有名なフォントといえば、

  • Futura
  • Century Gothic
  • Avant Garde Gothic

などが挙げられますが、今作っている書体はむしろ Avenir や Google Product Sans などに近い雰囲気になりそうです。

コンセプトは読みやすいジオメトリック、といったところでしょうか。少し安直な気もしますが……

文章などを組んでも、それなりに可読性を確保したいので、小文字はなるべく癖の無いようにしました。Xハイトは高めで、明るい印象にしています。あと、ディセンダラインが結構低めなところも特徴かもしれません。
円弧の先端は、愚直なまでに斜め45度カットを貫きました。視覚調整はちゃんとしてます。小文字gのくるっとした部分は可愛い感じになってお気に入りです。

既存書体との違いをどうやって出していくか、非常に苦慮するところです……*3
小文字に関しては、何度か修正を繰り返すうちに統一感・ユニークさが出てきたかな、と思っています。

これから

まずは大文字を完成させてしまいたい……
早いうちに、Fontforgeに取り込んで、フォントファイルに出力するところまで試してみたいと思います。

ペアカーニングの設定やら、イタリック・太字の制作などタスクが山積みですね。ぼちぼちやっていきます。 なんとかNF*4に間に合えばいいなぁ。

*1:フォント制作以外の話題も書きたい。

*2:フォント制作が可能なフリーソフト

*3:特に Product Sans と似てる感じがする。

*4:京都大学11月祭の略。学園祭。